タダイマ。



世界にひとりぼっち。

いつだってひとりぼっち。


星降る夜には君と居たのに

花降る春には君は離れて

僕の身体が宙に舞う、降る。


折角地面に落としてやっただろ?って貴方は言ったけど、

だって僕の居場所は無かったよ、神様。





僕が死んだ。


目が覚めたときにはあの人の前に転がっていた。

「よぅ、オカエリ。お目覚めか?」

人を食った様な笑顔を顔面に張り付かせてソイツは言ったから、

「・・・死ね」

俺はなげやりにそう返したんだ。


 其れだけの事。


案の定ソイツは大笑いした。

「手前ェが死人だろ」

笑いながらも切れ切れに其れだけは言って笑い続けた。


俺が笑うまで隣で笑い続けた。



やっぱり、俺にはこの場所しか無い。



世界にひとりぼっち。

隣ではソイツが笑う。




広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー