朝から頭が痛かった。

ガンガン響くのは昨日飲み過ぎた所為だって分かるけど、

目の前の、此れは、何?



桜散る窓辺の一枚の絵。




っていうか、誰?

「ぁ、目開いた。」

ベッドの上で目を覚ましていつものように身体の向きを変えると、

ベットの側で何か(誰か?)が俺を視ていた。

「・・・おはよ・・」

寝起きが悪い俺はその時何を思ったか唯朝の挨拶をしたのだった。

すると相手は驚いて、でもスグに目をキラキラと輝かせて。

「おはよう」

と、満面の笑みを浮かべた。


久しぶりに見た裏表の無いコドモの笑顔。




「っていうか、誰デスか?」

顔を洗ってから、やっと其の質問を出した俺。

「・・・?」

相手は何だか答えあぐねていた。

「あぁ、ごめん。じゃぁ、貴方のオナマエは?」

「えっと・・・?・・・」

また相手は答えないが、何だか先程と様子が違う。

「ナマエぐらい云えよ。」

少々呆れて呟けば、

「・・忘れた」

呆れるドコロではない返答が帰ってきた。



「忘れたって、何、キオクソーシツ?」

勘弁しろよ、と頭を抱えると、

「違うよ、記憶喪失なんかじゃない」

説明しろと相手に目を向けると、

「だって昨日酔って道に倒れてたアンタを僕が此処まで運んだし。」

「其れより前に記憶を失ってるなら其れは証拠には成らない」

あ・・、と相手は気付きの声をあげ、少し考える。

「名前を覚えてないのは長いこと使って無かったからってだけ。」

これでいいかな、と。真顔で。

「なに、それ」

こーゆーの心底困る。

「名前とかいらなかったから」

「・・・アンタ何者?」

多分俺の正しい質問。

初めからこう尋ねるべきだったのだ。


「天使でス。」


頭が痛い事実に何も変わりは無かったが。




「・・・頭が痛いのでもう少し寝マスイイデスカ?」

「どうぞ」





桜舞い散る春の日。

靡く白いカーテンを開き窓を開けたソイツ。

窓辺に座って桜吹雪に目を細め。



まるで天使のようだった。





広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー