黒の日。



高速を疾走する。

既に、メーターは時速110キロを少し越えた事を告げていた。

カヲルという名を付けた、彼の黒いオープンカー。

同じ色のスーツに身を包み、同じ色のサングラスを掛けた男がハンドルを握っていた。



海に近い、少し古惚けた様な感じさえする、小さな町の、小さな墓地。

毎年、同じ日に、訪れる。

小さな丘の上。

低い壇差の続く階段を緩々と昇ると、手にしたコスモスの束が目の端で揺れた。


小さな丘の上に立つ。

彼は少し立ち止まる。

何か言いたい様に口を少し開け、そうしてきつく結んだ。

墓地に入って、その瞬間に空気が変わり肌がピリピリとする。

色んな想いが、声を、あげている所為だ。


入ってスグの、十字架の彫ってある長方形の石が乗る墓が、彼の大切な人の眠る場所。

彼はコスモスの花束を、ゆっくり墓石の前に置いた。


「センパイ。」


彼は口を開いた。

其れは話し出しの言葉だった筈なのに、彼は其れ以上何も言わなかった。

只、きつく結んだ唇はいつの間にか少し緩み、微笑んでいる様にさえ見えた。


徐に煙草を取り出し、銀色のジッポをポケットから出して火を点ける。

そして、胸ポケットから先程と違う銘柄の煙草を取り出し、コスモスの横に置いた。


何年と見てきた光景だった。



「帰ろう」


いつの間にか彼は踵を返していた。

私は只頷き、彼の後姿を見つめ続けた。


階段の途中、私は振り返る。


ミルクティのような色の髪をした青年が、甘く微笑んで、手を振ったのが見えた。




高速を疾走する。

いつの間にか赤く染まる海を見つめながら。




広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー